まつ毛の毛根の寿命、平均はどのくらいか

 まつ毛に毛周期というものがあり、この毛周期を繰り返してまつ毛は生え換わっていきます。一般的にこの毛周期は早い人で30日、遅い人で120日程度と言われています。そのためまつ毛の毛周期はとても個人差があると言えます。毛周期には成長初期、成長期、退行期、休止期の4つの段階に分けることができます。
 成長初期は皮膚の中で毛の成長が始まる時期となります。生え始めた毛は細く弱くコシのない状態となります。しかし、この状態からどんどん太く長く成長していきます。
 成長期はまつ毛が皮膚の表面に出てきて太く長く伸びて行く時期となります。最初は短いですが徐々に長くコシが出てくるようになります。成長初期は平均で約40日間となります。
 退行期はまつ毛の毛母細胞が消滅して成長が止まる時期となります。この時期はまつ毛は完全に皮膚表面に出てきて眼球を守る働きをします。退行期は約2週間程度となります。
 休止期は毛が抜け落ち、次の毛が生える準備をする期間となります。この休止期が一番長く約2~3ヵ月程度となります。
 この毛周期が乱れてしまうと毛の量が減り、薄くなっていってしまいます。毛周期が乱れる原因として挙げられるのが加齢、乾燥等が挙げられます。しかし、女性の場合毎日アイメイクやビューラー、エクステなどをするためまつ毛にダメージを与えている事が多く、本来の成長を遂げることなく抜け落ちてしまっていると言われています。そのため、毛が抜けるのを防止するためにケアする事が必要となります。ケアの一番の方法は保湿をする事です。毛の根元を保湿する事によって毛根が丈夫になります。その結果毛が丈夫に育ち最後まで伸びきることができます。現在ではまつ毛美容液などもあるので、ケアをしっかりとして丈夫な毛を育てるようにしましょう。

■ビューラーなどでまつ毛が傷んでしまった人へ
ケアプロスト
■もっとまつ毛を増やしたい
ルミガン